面接に受かったらいよいよ体入!キャバクラの体入での仕事内容

面接に受かったらキャバクラの体入がスタート!

キャバクラで働くためには、まず面接に受からないと駄目ですが、無事合格したら次に待ってるのが体入です。
体入は面接よりも大切な段階で、ここでどんな働き方をするかで本入店が決まります。
気軽に考える人も少なくないですが、体入での働き方次第で全て決まりますから、油断せずちゃんと接客することが大切です。

ちなみに体入は即日が一般的です。面接に受かったら、そのまま体入の流れのお店が多いので、しっかり準備しておいて下さい。
都合が悪い時は他の日にずらせますが、お店の心象に影響するから即日体入が望ましいです。

体入だと意識せず楽しみながら接客しよう

体入はとても重要な段階です。本入店に進めるか明暗を分けますので、本気で挑むようにしましょう。
でも、緊張しちゃうのは当たり前です。キャバクラが初めてだと、体が強張ったり不安になったりすることもあります。お客さんと上手に話せない場合も考えられますね。

確かに緊張するかもしれないですが、肩の力を抜いてお客さんを接客して下さい。
緊張が表に出るとお客さんに気を遣わせてしまい、席の空気が重くなる場合もあります。
会話が上手く進まず沈黙が多くなることも珍しくないですが、本入店できる確率が低くなるので、リラックスして接客しましょう。

ただし気を抜きすぎるのもNGです。体入とはいえ、お店はちゃんと見てますから、仕事に手を抜いてはいけません。
お店にとって、体入は採用の判斷を決めるテストです。自分はプロのキャバ嬢だという意識を持って、楽しみながら接客して下さいね。

体入では他のキャバ嬢のヘルプとして仕事する場合がほとんど

体入で本指名されることはまずありません。
常連さんだと体入を理解してくれる場合もあるし、一人にずっと付いて接客することも無いです。基本的にヘルプで仕事をします。

でも、ヘルプって初めて聞きますよね?ヘルプは新人が全員経験する仕事です。
キャバクラは、本指名されたキャバ嬢を「姫子」と呼びますが、もし指名がダブった時は片方のお客さんしか接客できません。
そんな時、姫子に代わってお客さんを接客するのがヘルプの役割です。

けどヘルプは独自のマナーもあります。

・電話番号など連絡先の交換はNG
・おねだりドリンクも厳禁
・お客さんと近い距離で接客すること

体入とはいえ、この3つは絶対に避けて下さい。もし本入店が決まった場合、姫子から嫌な目で見られるし、いじめに遭う危険もあります。
体入する時も、ヘルプのルールは覚えといて下さいね。

体入の合格はスタートに過ぎない

キャバクラに体入して、お店に認められれば合格です。やっとキャバ嬢としてのスタート地点に立てます。
つまり本入店が決まるわけですが、まだ新人に過ぎません。これからが大事ですから、体入で学んだことを活かして下さいね。