移店先に迷うキャバ嬢必見!キャバ嬢の給料を街別に徹底比較

歌舞伎町・銀座・六本木でキャバ嬢の給料を比較してみる

キャバ嬢の時給はエリアごとの違いが大きいです。
東京の場合、歌舞伎町と銀座・六本木の三大歓楽街が有名ですが、どのエリアも時給は違いがあるため、移店する時は注意して下さいね。
同じ勤務時間でも、給料が2倍近く変わる場合だってあります。

歌舞伎町の本入店後の時給は3000~5000円ほど

日本で一番大きな歓楽街が歌舞伎町です。海外でも有名なエリアの一つで、”24時間眠らない街”と言われることもありますが、キャバクラの密度も全国でトップレベルと言っていいですね。
一つの雑居ビルにキャバクラ数件、という光景も珍しくありません。

歌舞伎町なら、働くキャバクラ選びに困ることは無いですが、時給の相場は3000~5000円程度です。
一般的なキャバ嬢の時給水準と同じですが、東京の郊外と比べると高水準になってます。
お店により相場を下回ることもありますが、最低3000円以上と考えるのがおすすめです。
移店先を探す時も、この水準を目安にして下さいね。

六本木の本入店後の時給は5000~7000円ほど

比較的キャバクラが多い六本木の時給は5000円~7000円程度です。歌舞伎町と比べても2000円位高めなので、単純な稼ぎだけなら上回りますね。
もし1ヶ月100時間働いたとすれば20万円、1年で240万円の差が付きます。移店の候補エリアに入れても良い水準じゃないでしょうか?
経験者なら高い時給で働ける場合もあります。

ただ、六本木のキャバクラはお店が求める水準も高めです。キャバ嬢には高い接客レベルが欠かせませんし、売上が取れなければ時給ダウンする可能性もあります。
経験があっても、面接や体入で落とされることがありますから、しっかり準備して挑んで下さい。

銀座も5000円~の時給・売上スライド制が多い

高級歓楽街の銀座は、キャバクラの料金も総じて高めです。
時給の相場も5000円とかなり高めになっていて、更に売上に応じたスライド制を導入したお店が大半を占めてます。
つまり売上を取れば取るほど稼げるので、お客さんを沢山抱えてる人や、営業に自信がある人におすすめですね。
もし当てはまるなら、銀座で移店先を探してみるのが一番です。

逆に言えば、売上を取れないと時給が全く上がらないし、ほとんど稼げません。
単純な時給だけなら、六本木のほうが高い場合もあります。どんどん売上を取れる人なら、稼ぎも増えるんですが、自信が無いなら避けたほうがいいですね。
それに銀座のキャバクラは、求められる接客水準が高いため、相当な経験が無いと生き残れません。これも気を付けて下さいね。

時給で選ぶなら六本木・銀座がおすすめ

移店先を探す場合、歌舞伎町か六本木、銀座のどれかがおすすめです。
時給の高さで選ぶなら六本木か銀座ですね。けど、どっちもキャバ嬢のレベルや雰囲気が全然違うし、お店によって求められるものも変わります。
悩んだら面接を受けてみるのが一番ですね。銀座のキャバクラ面接攻略六本木のキャバクラ面接攻略の記事も合わせて参考にしてみてください。