【移店したいキャバ嬢向け】キャバクラ移店時の注意事項

移店はトラブルに用心

キャバ嬢の移店は珍しいものでも無いですが、ちょっとした油断がお店とのトラブルを生む場合もあります。
極端に言えば、ただお店を辞めるだけなんですが、お店といざこざになってバックレる(飛ぶ)子もいます。
移店するなら、辞めるための準備が必要をしておきましょう。

お店の規約を守りつつ早めに退店の意思を伝えよう

まず辞める時はお店に伝えなきゃ駄目ですよね。ただ、お店ごとに規約(労働契約書の条件)がありますから、それに沿って辞める意思を伝えて下さい。
急に飛ぶことだけは絶対に避けて下さいね。罰金を言い渡される可能性もあるし、自分の悪い噂が他店に流れちゃうリスクもあります。

規約は本入店時の契約書に書かれてます。大体は「退店は○日前までに伝える」という風に規定してありますので、辞める時は期限前に伝えて下さい。
伝えるタイミングは、できるだけ早いほうがいいです。直前だとお店の迷惑になりますから、1~2ヶ月前には伝えておきたいですね。

辞める理由はうまく取り繕おう

問題は辞める理由です。正直に「移店するので辞めます」と伝えたら、お店も良い顔はしませんし、辞めさせてくれない可能性もあります。
もちろん正直に言うのも大切ですけど、移店の場合は上手に取り繕ったほうがいいです。

でも理由を考えるのも悩みますよね。もし上手い理由が浮かばない時は、こんな理由で乗り切りましょう。

・夜の仕事で体調を崩し始めた
・昼職に転職を考えてる
・お昼の仕事が忙しくてシフトインできなくなった
・彼氏や家族にバレた

どれもキャバ嬢が辞める定番理由です。どの理由が良いかは人によるので、生活リズムに合わせて考えてみて下さい。
ただ、お店に移店がバレちゃう場合もありますから、バレないようにすることが一番大事です。