キャバクラの面接で聞かれることってどんなこと?事前の回答準備マニュアル

どんなお仕事でも面接は必ずつきものです。

希望のお仕事で働きたいのであれば、まずは面接を突破しなければなりません。
そして面接では様々ななことを聞かれるのですが、だいたいがパターン化されています。
スムーズに面接を通過するためにも、どんな質問をされるのかを事前にチェツクして、どう答えたら良いのか事前準備をしておきましょう。

 

キャバクラで働こうと思った理由を聞かれる確率がダントツに高い

キャバクラで働く理由や目的がある女の子の方が、「しっかりと仕事をしてくれる」期待ができます。
なので、面接に来た女の子のやる気を見極めるためにも、「なぜキャバクラで働こうと思ったのか」という質問は、ほとんどのお店で質問されると考えておきましょう。
ここを曖昧に答えてしまうと、すぐ辞めてしまうんじゃないか、とマイナスな印象を与えてしまうことがあるの注意が必要です。

 

>>こう答えるのが◎!オススメの答え方
「今、通っている学校の学費を支払うために働きたい」や「昼の時間帯で仕事をしているがお給料が十分ではないため、夜の時間帯働いて生活費の足しにしたい」など。
もしくは「これから留学をするために、お金を貯めたい」などの未来の目標でも良いでしょう。
具体的な目的をきちんと伝えることが面接を突破できるポイントになってきます。

 

これまでにキャバクラで働いことがあるか、もしくはないか、質問

面接でこの質問する目的は、面接に来てくれた女の子即戦力があるか、ないか、を把握するための質問です。
これは、経験があるから採用される、ないから不合格、といったことはないので、嘘をつかずに本当のことを伝えましょう。

 

>>こう答えるのが◎!オススメの答え方
・経験者があると答えた場合
続いて確認されるのは、以前はどれくらい働いていたのか、時給の金額、1カ月の指名や同伴の数など、より具体的な経験について質問されるでしょう。
うまくいけば、以前のお店で働いていた時よりも、時給や待遇をアップする可能性もあります。
可能であれば、以前に働いてた時の給与明細を持参するとよいでしょう。

・経験がないと答えた場合
キャバクラで働いた経験がないことはデメリットにはなりません。
経験がなくても、仕事に対する強いやる気をしっかりと伝えることが大切です。

 

1週間に何日出勤できるかの質問

お店としてはたくさん働いてくれる女性の方を採用したいのがホンネです。
たくさん出勤してくれる意思がある方は、仕事への意欲も高いと評価されることも多いようです。

 

>>こう答えるのが◎!オススメの答え方
出勤できないのに面接に合格したいからといって「毎日働きます!」嘘のことを伝えてしまうのは、あとあと自分が大変になってしまいます。
でき限り出勤できる日数を答えるのがいいでしょう。
1日くらいは多めの日数を伝えて、働く意欲があることをアピールするくらいであれば、大丈夫でしょう。

 

お酒は飲めますか?強いですか?などの質問

キャバクラに来店する大半のお客様はお酒を飲みに来ます。そんなお客様と楽しくドリンクを飲みながらお話するのがキャバクラでの仕事です。
そこで、お店としての事前に面接に来た方がお酒が飲めるのか、飲めないのか、強いのかなどを知っておきたいわけです。
お酒が飲めない方や、弱い方は、嘘をついて「お酒は得意です!」と伝えるのはNGです。
採用されて働くことになった際には、当初の発言通りお酒を飲む機会が多く回ってきてしまうかしれません。

 

>>こう答えるのが◎!オススメの答え方
お酒が飲める方は飲めることを伝えることで良いでしょう。
もし、お酒が苦手な方や、弱い方であれば正直に伝えましょう。
ただ、その代わりに会話に自信がある、周りを楽しませる自信がある、教養があるなどの他の魅力をアピールすると良いでしょう。

 

ありのままの自分を伝えることと、一生懸命のやる気をアピールしよう

自分を良く見せようとするよりは、正直な自分自身を伝えましょう。
嘘はいずれバレてしまいます。お店との信頼を築くためにも正直に答えることが大切です。
そして、どれだけ仕事を頑張れるかの気持ちをアピールすること面接突破のカギになってくるでしょう。