キャバクラは2回受からないといけない!?面接と体入の流れについて

キャバクラは面接に落ちると体入できません!

キャバクラの面接は1度だけって思ってませんか?実は2回合格しなくてはいけません。
まず最初にお店の担当者との面接があって、その後体入という流れになっています。
どのキャバクラも、お店の面接に合格するのが第一関門です。受かりたいなら準備・対策をしておきましょう。
お店との面接に無事合格すれば体入できます。

体入って何?

体入は「体験入店」の略語です。ナイトワーク独特の仕組みで、いわゆる仮採用の段階か、本採用前のテストと考えても差し支えありません。
体入へ進むと、お店で実際に働くことになります。期間は1日~3日ほどですが、大半のお店は1日限定です。

体入はお店の雰囲気や客層、自分の適性を知るチャンスです。
もし合わないと思ったら採用を辞退して、逆に働きたいと感じたら本入店を考えましょう。

なお、体入もしっかり給料は貰えます。タダ働きさせるお店は無いので安心して下さい。
もし給料を貰えないお店があったら悪質店です。自分に合ったお店でも、絶対に働くのは止めましょう。

体入で落とされると本入店はできない

体入はできても、必ず本採用(本入店)できるとは限りません。全力で挑む覚悟が必要になります。
実はお店もあなたの働き方をしっかりチェックしてるんです。キャバ嬢の適性はもちろんですが、トークや接客方法、お客さんの反応など、色んなところを見ています。

もし体入で落とされた場合、そのお店には本入店できません。働きたいと思ったお店でも、落とされたら終わりです。
面接よりも重要な段階と言っても変ではないし、体入が全てと考えてもおかしくありません。

特にダラダラ仕事する人は落とされる確率が高いです。
お店側は、働きぶりを見て採用を判断しますから、仕事に対しての意識が低いと100%落ちます。
確かに体入はお試し入店とほぼ同じですが、裏を返せば採用テストです。自らテストに落ちるような真似をする位なら、そもそも体入する意味がありません。

体入では油断せず真面目に働こう!

本入店したいなら、体入でもプロ意識を持つことが大切です。バイト感覚で仕事をするのは避けましょう。
自分も他のキャバ嬢と同じだ、という意識を持って挑む必要があります。
指名を取れそうなくらい一生懸命頑張れば、そのお店で採用される確率が高まりますよ。

体入で全てが決まると言っていい

キャバクラの面接は、あなたの容姿をチェックしたり、勤務日などの希望を聞くだけの段階に過ぎません。その後の体入が本番です。
本入店したいならプロ意識を持って働きましょう。体入が全てを決めますので、気を引き締めて真面目に挑むことが重要です。