友達とキャバクラの面接に行かないで!友達同士の面接を勧めない理由

友達同士でキャバクラの面接に行く人もいる。だけど…

キャバクラの求人では、時々「友達同士OK」と書かれている募集を見かけます。
一人で面接を受けると緊張しちゃいますが、友達と一緒なら少し和らぎますよね。
二人で面接を受ける子も少なくないですが、受かりたいなら一人で面接へ行ったほうがいいんです。

友達とキャバクラの面接に行くのはおすすめしません

例え友達同士で応募できる場合でも、一緒に行くのは極力避けて下さい。
合格率も下がるし、後で大変な思いをする場合もあります。おすすめできない理由は3つです。

・意識が低いと思われる
・友達と気まずくなりやすい
・内緒にしづらくなる

面接の時、担当者に与える心象が悪くなります。それに友達関係にヒビが入るリスクもあるし、内緒にしておきたい人はバレる可能性が高まります。
とにかく、何もいいことは無いんです。確かに緊張感や不安は和らぎますが、後々を考えると避けるべきです。

真面目にキャバクラを探していると思えない・意識が低く見えるため

友達同士だと気が緩みがちですよね。面接の時からその影響が出てしまうかもしれません。
採用担当者の目には「この子達本当にやる気あるの…?」と映ることもあります。

・遊び感覚だと勘違いされる
・体入が目当て(遊ぶお金が少しだけ欲しい)と思われてしまう

特にこう思われる場合が多いです。例え本人は真面目に働きたいと考えてても、友達同士だと遊び感覚と思われてしまうことがあります。
面接は二人で受けますから、友達の態度次第では勘違いされる確率も高まりますね。

また、体入だけが目当てと思われる危険もあります。
体入って1日だけで済むし、しかも普通より給料が高い場合も多いんです。日雇いバイトに近いですね。
たった数時間で1万円少々稼げちゃいますから、通常のバイトより手軽に稼げます。

けど、そこが落とし穴です。友達同士の場合、単に1日遊ぶお金が欲しいだけと考えるお店が多いんです。
真面目さが感じられず、本入店まで至らないパターンもあります。
もし一人で体入してたら、本入店までいけたかもしれません。凄くもったいないですよね。

片方だけ受かってしまうケースも多く友達と気まずくなる

二人で面接を受けて、片方だけ受かるパターンも多いです。
例えば自分だけが合格する場合もあれば、友達だけ本入店できることもあります。一緒に合格するのが理想ですが、お店だって適性とかを見てますから、二人まとめて受かる保証はありません。

ですが、片方だけ受かると友達との関係が気まずくなります。
表向きは平気そうでも、少しずつ友達関係に影響が出てくる場合もあります。
一緒に遊べる機会も減りますから、特に仲が良い友達は注意して下さい。

キャバクラで働いてるのがバレやすくなる

キャバクラで働いてるのを内緒にしたい人もいますよね。
でも、友達がウッカリ周囲に漏らしちゃったらどうでしょう?更にそこから話が広がって、バレてしまう可能性もあります。
彼氏や家族に見つかって、結局辞めることになるかもしれません。

こういうパターンも多いです。二人で合格して、更にお互いが内緒にする保証があるなら話は別ですが、バレたくない人は特に注意して下さいね。

求人に「友達同士可」とあってもやめた方が良い

友達同士で応募できる求人は少なくないです。
でも、お店に悪い印象を与えることに違いはありません。二人で応募しても、お店側は一人だけ採用したい場合だって考えられます。
結局はデメリットばかりです。キャバクラで働きたい人は、一人で応募するようにしましょう。