当てはまってたら注意!キャバクラの面接で落ちる人の特徴

キャバクラの面接で落ちる人には特徴がある

キャバクラの面接では、合格する人とそうでない人がいます。
残念ですが、もし面接に落ちちゃうと、そのお店で働くことはできません。
どんな人を欲しがるかはお店次第ですが、実は落ちる人には似たような傾向があります。
特に次の3つのどれかに当てはまったら落ちると考えて下さい。

①仕事に対する意識が感じられない

仕事に対してやる気が無さそうな人は面接で落とされます。
確かにバイト感覚で働いてる子も少なくないですけど、キャバ嬢不足で悩むお店か、料金が安いカジュアル店のどちらかです。
けど、大半のお店が仕事に対する姿勢をチェックしています。

キャバクラにとって、キャバ嬢は売上を稼ぐための大切な存在です。
もし他の子が真面目に働いてるのに、一人だけ不真面目だったらどうでしょう?そんな子に同じ給料を支払うのはフェアじゃないですよね?
それにお店の評判が落ちる危険だってあるし、他の子がやる気を失う可能性も考えられます。お店をすぐ辞めそうだと思われる場合もありますね。
なので仕事に対しての姿勢は凄く大切なんです。

面接に受かりたいなら、真面目に働く姿勢か、やる気を見せる必要があります。
面接の担当者に好印象を与えて、合格率をアップさせましょう。

②地味だったり暗く見える

キャバクラに地味で目立たない子や、暗そうに見える子っていません。
もし当てはまった人は、面接で落とされる可能性が高いです。地味な子はお客さんに覚えてもらいにくいし、暗い子は避けられます。
どちらもお客さんの指名を取りづらく、売上に貢献しないから面接で落ちやすいんです。

そういうコンセプトのお店なら問題ないでしょう。けど、そんなお店自体めったに無いですから、少し派手でポジティブな性格の子のほうが受かりやすいですね。
働いてるキャバ嬢を見れば分かりますが、派手・明るいという2点は共通しています。

人付き合いが苦手な人も注意して下さい。もし面接を通過しても、体入で暗そうだと判断される可能性があります。
キャバクラは接客が商売なので、ある程度のコミュ力は必須です。

③シフトの希望出勤日が少ない

キャバクラで週1~2回だけ働きたいって人もいますよね。週1でもOKっていうお店もあるんですが、逆に大抵のお店は面接で落とされるので注意しましょう。
希望出勤日が少ないほど落ちる可能性が高まります。

出勤日が多いと、キャバ嬢に固定客が付きやすくなるし、その分稼いでくれるからです。
逆に出勤日が少ないキャバ嬢の場合、お客さんに覚えてもらいにくいですよね。
指名も取りづらいし、結局フリー客の相手かヘルプ程度にしかならない可能性だってあります。だから採用を避けるんです。

本気で働きたいなら、入れる日は全部シフトを入れる位の気持ちで挑んで下さい。
そうしなければ、仕事に対してやる気が無いと判斷される場合もあります。

明るく真面目で、しっかり働ける人が受かる

キャバクラの面接で受かるのは、仕事に対する姿勢が真面目で雰囲気が明るく、ガッツリシフトに入れる人です。
ただ、どれか一つでも欠けていると合格率は下がります。

皆さんは当てはまっていましたか?もし心当たりがある人は、面接を受ける前に見直してみて下さい。