勉強必須?銀座のキャバ嬢は経済の話ができないといけないって本当?

経済に詳しいキャバ嬢は多い

キャバ嬢は会話力が求められる仕事です。色んな話のネタが無いと、それぞれのお客さんに合わせた会話ができませんよね。
会話力は必須なので、経済の話に詳しいキャバ嬢も多くいます。
でも、経済の話って難しく感じませんか?本当に必要なのかも気になりますよね。

「銀座のキャバ嬢は日経新聞をとっている」は昔の話

昔、銀座で働いているキャバ嬢は、ほぼ全員が日経新聞を読んでました。けど過去形です。
昔は経済に詳しくないとお客さんと会話できない場面もあったので、確かに経済新聞を読むキャバ嬢は沢山いました。

でも、今は必要ありません。お客さんのライフスタイルも多様化してるし、経済に興味がない人だって多いです。
それより娯楽の話を好む人もいますね。今のキャバ嬢に必要なのは、経済に詳しいことよりも話の引き出しの多さです。

顧客を沢山抱えてるキャバ嬢は話の話題が豊富です。
お客さんごとに合わせたトークができるからですね。高い会話スキルがお客さんの心を掴み、太客になってくれるわけです。
なので経済の話に疎くても問題ありません。

勉強するのは最近のニュースやスポーツ新聞レベルの内容で十分

ただ、経済の話題に無知なのは考え物です。ある程度は知っておかなくちゃいけません。
でも経済の勉強をするために経済新聞を読む必要性は無いです。そこまで深い知識は求められません。
せいぜいネットやテレビのニュースや、スポーツ新聞に載ってる位の内容で大丈夫です。

毎日スマホでニュースをチェックするだけでも十分ですね。タイムリーな話題なら、お客さんとの会話に困った時にも使えます。
経済新聞に全部目を通すよりも、広く浅く経済ネタを確認するほうが楽ですよね。
今はその程度でも十分通用します。

分からない話は合わせるスキルが重要

でも、時々知らない話題を振られる場合もありますよね。
そんな時は勉強することも必要ですが、それ以上に大事なことが話を合わせるスキルです。
どんな話題を振られても対処できるように、何となく話を合わせるスキルを身に着けましょう。

知らない話を「知らない」と正直に言うのもいいですが、お客さんと気まずくなります。できれば避けるべきですね。

意識して勉強する必要は無いです

何にしても、経済のことは意識して勉強しなくて大丈夫です。会話のネタの多さと、話を合わせるスキルのほうが大切ですね。
ただし話のネタにはなりますから、最近のニュース程度はスマホでチェックしておきましょう。