移店を考える全キャバ嬢必見!銀座のキャバクラ面接攻略

銀座のキャバクラは移店に最適!でも面接は対策必須…

移店すれば時給が上がったり、環境が改善される可能性があります。
特に銀座は時給水準が高いですから、移店には最適なエリアですね。けど、そう簡単には受かりませんので、対策を欠かさないで下さい。
でもどんな対策が必要なんでしょう?

銀座のキャバクラの面接では今までの売上と容姿が主な採用基準

面接の時、特に重視されるのが過去の売上と容姿です。
前のお店でどれだけ売り上げたか、そして容姿はお店のコンセプトにぴったりか、という点がチェックされます。
中でも売上は大きな武器になりますね。容姿も欠かせないですが、いかに銀座っぽさを出すかがポイントです。

売上と容姿のどちらかに自信があれば、それだけで合格率が高まります。
逆に数字と見た目がパッとしないと、採用を断られちゃう場合もありますから、どっちかは他人より秀でてないと難しいです。

前の店舗での成績が良ければアピールポイントになる

銀座はナイトスポットの激戦区です。
キャバクラはもとより、ニュークラブや高級クラブのようなライバル店も無数にあります。
お店にとって売上は死活問題なので、数字を取れないキャバ嬢はどこも欲しがりません。

皆さんも手帳とかに毎日の売上を記録してますよね。それを面接の時のアピールポイントにしちゃいましょう。
だいたい1ヶ月あたりの平均売上を出して、「月○○万位売り上げてました」とアピールして下さい。移店の場合はほぼ聞かれます。
でも、数字にインパクトがないとアピール効果は薄いです。例えば、月100万以上稼ぐ売れっ子と、月50万位の子がいたら、当然お店は前者の子を欲しがります。

ただ、面接を受けるお店の平均売上にもよるんですけど、前の店舗でその平均以上の売上があれば合格率はアップします。平均以上を稼ぐことは相当な売れっ子の証ですからね。
でも、受かりたいからと言って嘘の数字を伝えるのは避けて下さい。バレたら大問題になりますから。

メイクや服装で自分の容姿を最高の状態にしておこう

キャバ嬢は見た目も大事です。普段以上に気合を入れて、完璧な状態で面接へ挑んで下さい。
気を抜くと間違いなく面接で落ちます。服やヘアメイクはもちろん、ネイルや小物まで、どこも抜かりなく、完璧と呼べる状態で面接を受けましょう。

銀座の採用基準・求められる容姿レベルは高い!

ただ、銀座のキャバクラは求められる容姿のレベルが非常に高いです。
その分採用基準も上がっちゃってるんですが、完璧にコーデしても落ちる時は落ちます。
お店によっては平均以上どころか、モデル並みの容姿の子しか取らない場合だってあります。

ちなみに大事なポイントは「銀座っぽさ」です。基本的に銀座は大人の街なので、ギャル風のヘアメイクや服装、ネイルとかはNGと考えて下さい。
清楚で、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出す子が合格します。
これは銀座のナイトスポット全体に言える傾向ですね。

けどお店のコンセプトにも合わせる必要があります。合ってないと浮いちゃいますからね。
お店側に、「なんか違う」と思われたら面接で落ちちゃいます。頑張ってメイクしても意味が無くなるので注意して下さい。
もし困った時は、HPを見てお店や在籍キャバ嬢の雰囲気を参考にするのもおすすめですよ。

見事合格すれば自信を持って本入店しよう

過去の売上と容姿を武器に、見事合格を勝ち取れば本入店です。おめでとうございます。
もし無事に本入店まで進めたら、ぜひ自信を持って下さい。
銀座のキャバクラは、他のエリアに比べて採用基準が凄く高いですから、合格できる人自体が限られています。
なので合格できたということは、その狭き門をくぐり抜けたわけですからね。

「本当にやっていけるかな…」って不安もありますよね。でも大丈夫です。
面接に合格できたなら、お店もあなたに期待してることになります。
最初は緊張するかもしれませんけど、安心して下さい。自分に自信を持って本入店しましょう。

対策無しで合格するのは難しいです

銀座はキャバ嬢の憧れだからか、他の地域から移店を考える子って多いんです。
でも何の対策も無しに合格できるほど甘くはありません。対策無しでも、運が良ければ一発合格できますが、ほとんど無いと考えて下さい。
どんなお店の面接でも、前店舗の売上を計算して、容姿も完璧な状態で挑むことが大切です。自分の武器をフル活用して下さいね。